イベントレポート

CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.6は、終了いたしました。
当日の模様や参加いただいたみなさんのレポートなどをご紹介します。

関連ツイート(togetter まとめ)
http://togetter.com/li/462051
当日の模様(Facebook アルバム)
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.334359586665176.59716.288008317966970
参加者レポート
山田 礼子さんのレポート:https://www.facebook.com/webwarab/posts/433254420088432

リンクを掲載いたしますので、ブログなどにレポートを書いていただいた方は、ぜひお問い合わせフォームからご連絡ください。

開催概要

CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.6のセミナー概要について、ご案内いたします。
遠方よりお越しいただく方は、エリア情報もご覧ください。

開催日程 2013年2月23日(土) 13:30~16:30(予定)
開催場所 郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンター 会議室
〒963-1165 福島県郡山市田村町徳定字中河原1番1(日本大学工学部キャンパス内)
会場周辺の地図やバスの発着時刻などについては、会場・アクセスをご確認ください。
定員 24名
CSS Nite in FUKUSHIMAは、事前申込制(先着順)となります。
定員に達したため、受け付けは終了しました。
現在、若干名のキャンセル待ちを受け付けております。

イベントは終了しました。
お申し込み方法 CSS Nite in FUKUSHIMAへのお申し込みは、専用フォームからのみ、受け付けています。
主催事務局や実行委員会へ個別にご連絡いただいてもお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
なお、お申し込みの締め切りは2013年2月20日(水)までとなります。
参加費用とお支払い方法 セミナー参加費:3,000円(事前申込制)
会場受付にて、当日お支払いいただきます。
その際、無記名の領収書を発行いたします。
主催 郡山地域ニューメディア・コミュニティ事業推進協議会
公益財団法人 郡山地域テクノポリス推進機構
共催 CSS Nite株式会社スイッチ
出演 長谷川恭久
Twitter ハッシュタグは #cssnite_fks6 です。
懇親会について 本編終了後、郡山駅前に場所を移してアフターパーティ(懇親会)を開催します。
ご出演いただく長谷川さんにも参加いただく予定です。
参加者同士で楽しんでいただけるような企画も検討中!お楽しみに!!
もちろん、懇親会のみの参加も大歓迎です!!
日時 2013年2月23日(土) 19:00~21:00
場所 居酒屋 安兵衛(いざかや やすべえ)
福島県郡山市大町1-3-12
(JR郡山駅西口 徒歩5分 ワシントンホテル裏)
TEL:024-933-9326
http://www.hotpepper.jp/strJ000029687/
参加費 4,000円
コース料理+飲み放題
※福島県の地元食材を使ったコース料理となります。お楽しみに!!
※本編に参加される方は、セミナー受付時に合わせてお支払いください。
定員 20名(先着順)
※定員になり次第、締め切りとさせていただきますのでご了承ください。
お申し込み セミナー参加お申し込み時に、懇親会への参加「検討中」を選ばれた方、懇親会のみにご参加の方は、専用フォームからお申し込みください。
イベントは終了しました。
交通 ■電車・バスをご利用の方へ
<郡山駅から>
JR郡山駅のバス乗り場「3番ポール」から、「昭和町・日本大学経由徳定」行き。下車バス停は「日本大学」です。
福島交通・時刻表もご確認ください。(※土日用、12:00発と13:00発のバスが間に合う時間です)
<安積永盛駅から>
白河・須賀川、石川・棚倉方面からJRでお越しの方は、安積永盛駅を下車して徒歩でもお越しいただけます(約20分)。
また、永徳橋東岸の「永徳橋詰」バス停から、「昭和町経由 郡山駅前」行きのバスもご利用いただけます。
福島交通・時刻表もご確認ください。(※土日用、12:25発のバスが間に合う時間です)
■車でお越しの方へ
駐車場は、日本大学工学部内の「来客用駐車場」を使用予定です。
企画運営 CSS Nite in FUKUSHIMA 実行委員会

セッション概要および出演者プロフィール

講演内容は、予告なく変更になる可能性があります。プロフィールは、本セミナーイベント開催時のものです。

マルチデバイス化を見据えたコンテンツ設計 基礎講座

様々なデバイスを利用してWebへアクセスできるようになったことで、どのようにサイト・アプリを作れば良いのかという話題が注目されています。作り方の部分に話題が集中するものの、肝心のコンテンツが置いてけぼりにされている場合があります。今のコンテンツが、今後増え続けるデバイスに対応しているとは限りません。どの手法でサイトを作ったとしても、適したコンテンツが提示されていないのであれば意味がありません。

コンテンツは既にあるものではありません。Webサイト制作者は考えなくていいもの、後回しにできるものでもありません。コンテンツから設計できるということは、余計に仕事が増えるのではなく、よりコンテンツを活かしたデザインを提案できるチャンスを与えてくれます。多デバイス化し、より情報発信が複雑化するからこそ、Webに適したコンテンツ設計の重要性が高まるはずです。

この講座では具体的な手法だけでなく、当日は実際手を動かして、どのようにコンテンツを設計していけば良いのかを体感・紹介していきます。

扱うトピック

  • マルチデバイス化による利用シーンの多様化
  • なぜ制作者がコンテンツなのか
  • コンテンツから始めるデザインプロセスのメリット
  • コミュニケーションためのヒント
  • コンテンツの基本構造
  • コンテンツの『棚卸し』
  • モバイル戦略に向けての注意点
  • コンテンツパッケージのススメ
  • CMSのAPI化
  • コンテンツファーストのデザインパターン

長谷川 恭久(はせがわ やすひさ)

デザインやコンサルティングを通じてWebの仕事に携わる活動家。
アメリカの大学にてビジュアルコミュニケーションを専攻後、マルチメディア関連の制作会社に在籍。日本に帰国後、数々の制作会社や企業とコラボレーションを続け、現在はフリーで活動。
自身のブログポッドキャストではWebとデザインをキーワードに情報発信をしているだけでなく、各地でWebに関するさまざまなトピックで講演を行ったり、多数の雑誌で執筆に携わる。

著書に『スタイルシート・スタイルブック』『Web Designer 2.0』など。 (http://www.yasuhisa.com/)

このセミナーは岡山CSS Nite @Co-Edo, Vol.1大阪の再演版となります。
Web制作者だけでなく、企業のWeb担当者、ライター、新規サイトの立ち上げやリニューアルを考えている方にも役に立つ内容を地元郡山市で聞けるまたとない機会ですので、ぜひ参加をご検討ください。

CSS Niteとは

CSS Nite(シーエスエス ナイト)とは、2005年10月に銀座アップルストアで始まったマンスリーイベントを発祥とする、ライブ感あふれるセミナーです。

毎回多くの著書を持つ著名なクリエイターを講師に招き、プレゼンテーションやデモンストレーションを通して「最新鋭のWeb制作のノウハウ」や「最先端のWeb標準に関する情報」を参加者全員で共有することができます。
書籍やサイトからの情報では得にくい「最新の」ノウハウが「生の声」で習得できると、多くのWeb関係者から注目を集めているイベントです。

2007年4月の青森版の開催以降は、大阪、名古屋、福岡、沖縄、秋田、札幌、仙台、福井、福島、広島、新潟、京都、石川、高松、山形、富山、静岡、宮崎、熊本、北九州、岡山、徳島、松山、山梨、長野など、現地の有志などにより地方版が開催されています(各地方版について)。

動員人数は、40,000人を突破

CSS Niteは過去300回の開催を通じて、のべ40,000名を超える動員数を誇るセミナーイベントです(2012年11月現在)。
地方版では、マークアップ系にとどまらず、ディレクターやFlash、SEO/SEM、プログラマ系、経営者など、Web制作に関わる方の交流の機会となっています。

CSS Nite in FUKUSHIMAとは

CSS Nite in FUKUSHIMAは、郡山地域ニューメディア・コミュ二ティ事業推進協議会および公益財団法人 郡山地域テクノポリス推進機構が主催し、CSS Nite in FUKUSHIMA 実行委員会が企画・運営を行っています。

郡山地域ニューメディア・コミュ二ティ事業推進協議会は、公益財団法人 郡山地域テクノポリス推進機構と連携しながら、郡山市をはじめとするテクノポリス圏域6市町村のICT化推進を支援するための各種事業を展開している組織です。

CSS Nite in FUKUSHIMA 実行委員会は、地元を拠点にWeb制作などの業務を行っているフリーランス(もしくはSOHO)による組織です。現在の構成メンバーについては開催概要をご覧ください。

CSS Nite in FUKUSHIMA 開催の目的について

Web業界最大級のセミナー「CSS Nite」を福島で開催することで、Web制作者のみならず、企業や公共機関に在籍するWeb担当者やブロガーなど、Webに興味を持っている方に対して最新の事例やノウハウを地元で直接学ぶ機会を作りたいというのが1つの目的です。

また、出演者と参加者はもちろん、参加者同士の交流を通じて人と人のつながり(ネットワーク)を広げていきたいと考えています。

  • CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.1

    CSS Nite 10番目の地方版として、2008年6月に郡山市のビッグパレットふくしまでCSS Nite in FUKUSHIMAが開催されました。

    お陰様で参加者の皆さんにご好評をいただき、出演者やスタッフも一緒になって盛り上がった、ある種の「お祭り騒ぎ」状態。

    また、このイベントをきっかけに地元有志による(不)定期的な勉強会の開催やクリエイター同士の交流など、拡がりを見せています。

    遊部(あそぶ)
    http://asob.tv/

    アーカイブをご覧になりたい方は、CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.1 特設サイトにアクセスしてください。

  • CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.2

    2009年3月、郡山市のビッグパレットふくしまにてCSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.2が開催されました。
    年度末という忙しい時期にも関わらず、開催1ヶ月前には事前申込が満席になるなど、嬉しい誤算もありました。

    お陰様でこちらもご好評をいただき、スタッフ一同大変嬉しく思っています。
    アーカイブをご覧になりたい方は、CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.2 特設サイトにアクセスしてください。

  • CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.3

    2009年10月、郡山市のビッグパレットふくしまにてCSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.3が開催されました。

    過去2回のCSS Nite in FUKUSHIMAでは、最新のWebトレンドなどをテーマとしていましたが、参加者アンケートで寄せられた「もう少し、基本的なところも勉強したい」という声にお答えする形で、CSSレイアウト(XHTML + CSS)を題材にした、CSSNite ビギナーズの福島版となりました。

    これからCSSレイアウトを習得したい方だけでなく、既に制作の現場で活用されているみなさんにも、一般的に必要とされるスキルのおさらいの場となり、こちらもご好評をいただくことができました。

    アーカイブをご覧になりたい方は、CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.3 特設サイトにアクセスしてください。

  • CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.4

    2010年12月、郡山市の郡山地域テクノポリスものづくりインキュベーションセンターにてCSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.4が開催されました。

    テーマを「プレゼンテーション」に絞り込み、鷹野雅弘さんを講師に迎えワークショップを交えながら「魅せるプレゼンテーション」の手法について、じっくり学ぶ機会となりました。

    アーカイブをご覧になりたい方は、CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.4 特設サイトにアクセスしてください。

  • CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.5

    2011年10月、郡山市のホテルハマツにてCSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.5が開催されました。

    震災後は初開催となることもあり、テーマを「みんなで創ろう、福島の未来」とし、東北各地で活動されている方をスピーカーに迎え「コミュニケーション」や「日々の一歩の積み重ね」が制作スキルとあわせて大事なことだと再認識する機会となりました。

    アーカイブをご覧になりたい方は、CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.5 特設サイトにアクセスしてください。

そして、CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.6 開催へ

CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.6は、「マルチデバイス化を見据えたコンテンツ設計 基礎講座」をテーマに開催します。

PCのみならずスマートフォンやタブレット端末への表示対応を求められる現在、重要性が高まるWebコンテンツの設計をどのように考えたらよいか?について、ワークショップを交えながらじっくり学んでいただきます。

「規模はミニでも。中身は充実!」な、CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.6。
お誘い合わせの上、ぜひご参加くださいませ。

関連情報

CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.6のリンクバナーです。
サンプル画像の下段に掲載されているソースをコピーしてご利用ください。

サイズ:200 × 200

[サンプル] サイズ:200x200
ソースコード

エリア情報

遠方からご参加いただく方へ、開催地である福島県郡山市の情報をご案内します。

郡山駅付近の主なホテル

郡山駅 西口

会場へのバス乗り場がある繁華街側です。懇親会の会場は、こちら側となります。

ドーミーインEXPRESS郡山
http://www.hotespa.net/hotels/koriyama/
ホテル クラウンヒルズ郡山(旧・リッチフィールド郡山)
http://breezbay-group.com/hch-koriyama/
チサンホテル郡山
http://www.solarehotels.com/chisun/hotel-koriyama/
プリシード郡山
http://www.precede-k.co.jp/
ビューホテル・アネックス
http://www.k-viewhotel.jp/

郡山駅 東口

バス乗り場と反対側になり、出口まで少々歩きます。
周囲にお店はほとんどありませんが、閑静なエリアです。付近に、コンビニがあります。

コンフォートホテル郡山
http://www.choice-hotels.jp/cfkori/
アルファーワン郡山東口
http://www.alpha-1.co.jp/koriyama_higashiguchi/

オススメの食事処(昼)

郡山駅近辺で昼食をとられる場合は、下記がオススメ!
なお、ワークショップは13:30~、開場は13:00~の予定です。

<蕎麦>菜根 ※11:30~
http://goo.gl/dOJxD(地図)
http://nonkian2.365blog.jp/e154672.html
<とんかつ>とんかつ たかの ※11:00~
http://tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7001710/
<中華>中国料理 珍満 (チンマン) ※11:30~
http://tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7000287/
<ラーメン>まぜそば 凛々亭 ※11:20~
スープのないまぜそば(ラーメン)がオススメ!
http://tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7008693/
<海鮮>「粋・丸新」 ※11:30~
開店時には、行列ができているとの情報も。。。
http://tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7001521/
<鳥料理>「比内や サスケ」 ※11:30~
http://tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7000302/
<カフェ>「郡山表参道カフェ」 ※土日10:00~
オススメは、生キャラメルソースプリン!
http://tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7008108/
<定食>三松会館 ※10:30~ 日曜休
谷垣さんも来店されたとか。。。
http://tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7005266/
<パスタ・ピザ>Sesame だいにんぐ Orange ※11:00~
http://tabelog.com/fukushima/A0702/A070201/7000536/

観光情報

郡山市立美術館にて「現代の浮世絵師 及川正通原画展」を開催中! ~3月24日(日)

雑誌『ぴあ』の表紙イラストレーションを36年間担当してきた及川正通(おいかわまさみち)さんの企画展で、『ぴあ』の表紙原画など約300点の作品と資料で紹介、とのことです。

遠くからお越しいただく方はこの機会にぜひ、美術館にも足を運んでみてください!

http://www.city.koriyama.fukushima.jp/bijyutukan/