CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.3

実行委員会からのお知らせ

イベントレポート:写真で振り返る、CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.3

みなさん、ご無沙汰しております。
実行委員の國分です。

昨年10月末に開催された、CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.3。
早いもので、あれから6ヶ月が経とうとしています。

CSS Nite in FUKUSHIMAにまだ参加したことがないというみなさんへ向けて、
遅ればせながら、イベントレポートを順次公開していきます。


第一弾は、フォトレポート。
少しでも当イベントの魅力を知っていただけたら、嬉しいです。

会場:ビッグパレットふくしま 会場のビッグパレットふくしま
過去に開催されたCSS Nite in FUKUSHIMAでは、いつもお世話になっているイベント会場です。

受付スタッフ 受付担当スタッフのみなさん
当時、新型インフルエンザがまだまだ猛威をふるっていました。
改めて見ると、メガネ率が高いですね。

オープニング オープニング
CSS Nite 主宰の株式会社スイッチ 鷹野雅弘さんに、MCを担当いただきました。

セッション『XHTML+CSSの概要』 セッション『XHTML+CSSの概要』
スピーカーは、株式会社スイッチ 鷹野雅弘さん。
XHTMLによる文章構造の最適化やCSSレイアウトの必要性について。

なお、CSS Nite ビギナーズの福島版ということで、連動書籍『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』をベースに、スピーカーがポイントを絞って解説しました。

セッション『XHTMLのキホン』 セッション『XHTMLのキホン』
スピーカーは、わたくし dreamseeker 國分が担当させていただきました。
XHTMLの基本について、おさらいです。

セッション『マークアップ選びのコツ』セッション『マークアップ選びのコツ』
スピーカーは、株式会社サイバーガーデン 益子貴寛さん。
サンプルサイトをどのようにマークアップするか、実際のワークショップも行いました。

セッション『CSSのキホン』セッション『CSSのキホン』
スピーカーは、がじろうさんこと株式会社Gazi工房 原一宣。さん。
CSSプロパティのpaddingやmarginに関する解説が、とてもユニークで解りやすかったです。

セッション『XHTML+CSSの概要』 セッション『XHTML+CSSキホンのワークフロー』
スピーカーは、株式会社スイッチ 鷹野雅弘さん。
ハンドマイクを持ちながら、Dreamweaverをスムーズに操作されているのは圧巻の一言。内容はもちろんのこと、いかにプレゼンテーションを魅せるかについて、とても参考になるセッションでした。

コーヒーブレイク セッション『CSSのキホン』コーヒーブレイク
スターバックスさんのコーヒーと仙台屋菓子舗さんのてんだまをご用意しました。
これをキッカケに、てんだまのファンになったという方もいらっしゃるハズ!

セッション『CSSセッティング』 セッション『CSSセッティング』
スピーカーは、とりココ.com 三阪丈晴さん。
外部CSSをセッティングする際のポイントについて、あらためて復習することができました。

セッション『CSSレイアウトのコツ』セッション『CSSレイアウトのコツ』
スピーカーは、大和田雄樹さんと田平智幸さん。ストアハウスのお二人です。
CSS Nite in FUKUSHIMA 初の掛け合いセッションは、とても新鮮で楽しかったです。鷹野さんもブログ( 効果的な"掛け合い"形式のプレゼン - Walk on the bright side of life )で、触れられている程です。

セッション『ブラウザごとの調整テクニック』セッション『ブラウザごとの調整テクニック』
スピーカーは、株式会社サイバーガーデン 益子貴寛さん。
ターゲットブラウザを選定する際、どのように考えればよいのかは、個人的に参考になりました。

セッション『JavaScriptライブラリとCSS』 セッション『JavaScriptライブラリとCSS』
スピーカーは、株式会社Gazi工房 赤井 菜津美さん。
アンケートで「JavaScript(jQuery)を使ってみたくなった」という声を多数お寄せいただくほど、明るく楽しいセッションでした。

エンディング エンディング
スピーカーのみなさんが登壇して、無事エンディングを迎えました。
長丁場にお付き合いいただいた参加者のみなさん、スタッフ一同、改めて御礼申し上げます。


フォトレポート、いかがでしたか?

次回以降、各セッションごとのスライド資料と音声データを公開していきますので、どうぞお楽しみに!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cssnite.net6.or.jp/mtos/mt-tb.cgi/203