実行委員会からのお知らせ

CSS Nite in SENDAI(仙台版)の申込数が70名を超えたそうです!

既にお知らせした通り、2009年8月22日(土)にエル・パーク仙台 スタジオホールで「CSS Nite in SENDAI, Vol.4」が開催されます。

前回の時点ではセッション内容が未定だったこともあり、
「國分は参加するの?」と、何人かの方からお声掛けいただきました。

昨日、仙台版特設サイトにて

CSS Nite in SENDAI, Vol.4 の見どころピックアップ | CSS Nite in SENDAI
http://cssnite.bluebeck.jp/archives/631

こちらのアナウンスがありましたので、改めてご案内させていただきます。

---

今回のCSS Nite in SENDAI, Vol.4は、「Webのこれから」というとても興味深い内容をテーマに据えられています。

〜ネットとリアル連動の可能性〜
Webを軸としたコミュニケーションデザインのこれから

阿部淳也さんこれまでPCの画面の中やブラウザの中でつくられてきたWebという領域のものは、ここ1-2年、停滞感、やりつくした感もあるのではないかと思います。
また、Webの中で閉じられたコミュニケーションのみではなく、様々なメディアやPRも含めた立体的なコミュニケーションをつくっていかなければならないのも事実です。

そこでWebという枠に捕らわれずに、新たな領域のコミュニケーション創造やものづくりのチャレンジを始めてる事例を見ながら、今後のWebを中心としたコミュニケーションやデザインはどう変化していくのかを考えていきます。

[ Vol.4 ] 阿部淳也さんのセッション内容決定 | CSS Nite in SENDAI
http://cssnite.bluebeck.jp/archives/615

阿部さんは都内でもあまりセミナーをされていないということですので、とても貴重な機会ですよね。これから求められるデザインがどの様に変化していくのかという点も、興味がそそられます。

前のめりでこんにちは!HTML 5 in 仙台

兎内淳一さん長崎智宏さん昨今何かと話題の「HTML 5」。
「XHTML 2」との統合がアナウンスされるなど「HTML 5」が俄然注目されて来ています。
これからのマークアップがどう変わっていくのかなど、ちょっと前のめりな感じで取り上げます。

そして、制作者視点で見る「東京」と「仙台」の違いも経験をもとにご紹介します。

[ Vol.4 ] 兎内淳一さん・長崎智宏さんのセッション内容決定 | CSS Nite in SENDAI
http://cssnite.bluebeck.jp/archives/606

これからのマークアップがどう変わっていくのか。
その一端を先取りできたら、今後の制作業務に活かせそうです。

クライアントのための"a-blog cms"

やまもとかずみちさんどんなCMSでも「どのようなサイトが作れますか?」という質問に対しての答えとしては「どんなサイトでも作れます。」となり、どれでも最終的なHTMLが出力されるのは同じかもしれません。

では、どういう理由でCMSを選定するのでしょう?
一番大事なのは、クライアントから見たCMSの使い勝手ではないでしょうか?

今回は、どこら辺がクライアントのための"a-blog cms"なのかについてをご紹介致します。

[ Vol.4 ] やまもとかずみちさんのセッション内容決定 | CSS Nite in SENDAI
http://cssnite.bluebeck.jp/archives/511

「a-blog cms」は、CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」でMVPに輝いた国産CMSです。
クライアント視点の使い勝手の良いCMS、これは独自システムのUIなどに活かせそうですね。

なお、セミナーの最後に「今後のWebはどう変化していくのか」をテーマに様々な視点(コミュニケーション、技術、企業の使いかた、クリエイティブなど)からパネルディスカッションも行われるそうです。


このように、魅力的な内容がいっぱいのCSS Nite in SENDAI, Vol.4。
お隣の宮城県(仙台市内)で開催されることですし、見逃す手はありませんよね?
もちろん、國分も参加させていただきます!

---

先程Twitterに流れていた情報によると、申込数が70名を超えたそうです!
改めて参加してみたいと思われた方は、どうぞお早めにお申し込みください。(※8月8日までは、早期割引きが適用されるそうです。)

最後に。
CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.3は、仙台版と内容が異なります。
10月の福島版に参加予定(?)のみなさんは、ぜひ両方のCSS Niteをお楽しみください!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cssnite.net6.or.jp/mtos/mt-tb.cgi/104