CSS Niteとは

CSS Nite(シーエスエス ナイト)とは、2005年10月に銀座アップルストアで始まったマンスリーイベントを発祥とする、ライブ感あふれるセミナーです。

毎回多くの著書を持つ著名なクリエイターを講師に招き、プレゼンテーションやデモンストレーションを通して「最新鋭のWeb制作のノウハウ」や「最先端のWeb標準に関する情報」を参加者全員で共有することができます。書籍やサイトからの情報では得にくい「最新の」ノウハウが「生の声」で習得できると、多くのWeb関係者から注目を集めているイベントです。

2007年4月の青森版の開催以降は、大阪、名古屋、福岡、沖縄、札幌、仙台、秋田、福井、福島、広島など、各地域で地方版が開催されています。


動員人数は、14,000人を突破

CSS Niteは過去81回の開催を通じて、のべ14,110名の動員数を誇るセミナーイベントです。(2009年1月9日現在)
2008年6月時点では10,000名と記載していたことを考えても、いかに注目度が高いかを実感いただけるのではないでしょうか?


2008年6月、CSS Nite in FUKUSHIMA 開催

CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.1 特設サイトCSS Nite 10番目の地方版として、郡山市のビッグパレットふくしまにてCSS Nite in FUKUSHIMAが開催されました。アーカイブをご覧になりたい方は、CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.1 特設サイトにアクセスしてください。

お陰様で参加者の皆さんにご好評をいただき、出演者やスタッフも一緒になって盛り上がった、ある種の「お祭り騒ぎ」状態。

また、このイベントをきっかけに地元有志による(不)定期的な勉強会の開催やクリエイター同士の交流など、拡がりを見せています。

なお、CSS Nite in FUKUSHIMA, Vol.1でお寄せいただいた参加者アンケートの一部をご紹介しています。こちらもあわせてご確認ください。